≪京  都≫


      北野天満宮 『梅苑』

      「 東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな 」

       銘歌を詠まれ、文道の大祖・風月の本主と仰ぎ親しまれる平安朝を代表する文化人
      菅原道真公は、殊のほか梅を愛された。      (ネットより)

       カメラの設定ミスで、こんな風になりました。 
      コメント頂けたら嬉しい~す003.gif                 (2月26日)
 
f0108478_16405.jpg

 
f0108478_1643457.jpg

 
f0108478_1651119.jpg

 
f0108478_1655397.jpg

 




     
 
f0108478_169940.jpg

by miyakokoto | 2009-03-04 16:09 |